境内整備事業 · 2021/01/23
1月18日(月)から本殿の修繕が始まりました。 今回の修繕は、すり減って傷んだ本殿御扉や木階の手すり、回廊の高欄、飾り金具の研磨、透塀などの改修を京都府の補助を受けて行います。 工期は3月末日までとなります。 工事期間中も本殿へ御参拝はして頂けますが、足元には十分ご注意下さい。
宮司のつぶやき · 2021/01/04
新年明けましておめでとうございます。 年が明けて早4日が経ちましたが、今年は新型コロナ感染予防のための対策等、例年に無い準備がありました。 安心して初詣に来て頂けるよう出来うる限りの対策をいたしましたが、やはり鈴の音も聞こえないと少し寂しい雰囲気がありました。致し方ありませんが・・・...
境内整備事業 · 2020/12/22
拝殿の東側側面に、今回に境内整備事業御奉賛者御芳名銘板を設置いたしました。 なんとか12月中に設置できるよう業者さんに無理を言って間に合わせて頂きました。 しかし、今回の銘板は仮設置ということで、数年後にはステンレスにエッチング加工を施した銘板に作り替える予定をしております。...
宮司のつぶやき · 2020/11/20
KBS京都テレビで毎月第2・4土曜日の午後10時30分から11時に放送されている、岡崎体育さんの「京の観察日記」で11月14に久御山町編が放送されました。 なんと、久御山町編では玉田神社が紹介されています。 撮影日には、岡崎体育さんが当社に見えられて、改修された境内をご案内させて頂きました。...
神社の歳時記 · 2020/10/12
今年はコロナ渦での大祭斎行となりましたが、神社役員、当家の方々、氏子崇敬者の御協力とご理解の下、無事に滞りなく終えることができました。 氏子崇敬者の皆様に御祭神の御恵がございますことを御祈念申し上げます。
宮司のつぶやき · 2020/10/07
読売テレビの朝の情報番組「すまたん」で当社が頒布しているSNS炎上除ステッカーお守りを紹介していただきました。放送は10月7日の午前7時過ぎに1分30秒の短い時間でしたが、放送日以降、多くの方に「見たよ」と声をかけていただきました。...
境内整備事業 · 2020/10/03
令和2年10月3日午後7時より、本殿の屋根葺き替え工事のため、2月3日に社務所へお遷しいたしておりました御神体を本殿にお還り頂くための遷座祭を執り行いました。 このようなご時世でもありますので、かなりの略儀で執り行うこととなりましたが、滞りなく御奉仕することができました。...
境内整備事業 · 2020/09/26
本日、令和2年9月26日をもって、1年半に渡り施工した境内整備事業の完成、引渡しとなりました。工事期間中は氏子崇敬者の皆様や参拝者の方々には何かとご不便をお掛けいたしましたが、御協力ありがとうございました。...
境内整備事業 · 2020/08/29
今回の境内整備により本殿のある上段北面と東面、そして中段東面を拡張いたしました。それにより元々立っていた玉垣を一旦取り除き、再度設置することとしていましたが、境内地を拡張した分、玉垣を約50本新設することとなりました。...
境内整備事業 · 2020/08/08
今回の境内整備事業の大きな改修の一つでもある本殿屋根の銅板葺工事が完成しました。以前の屋根は檜皮葺でしたが、前回の葺き替えから約45年が経過し、傷みが目立ち始めた中での度重なる台風被害により、雨漏りの心配もありました。当初は、以前と同じように檜皮で葺き替える案もありましたが、檜皮葺屋根の耐用年数や火災等を考えると共に、将来的な負担も考慮して、銅板葺に改修することとなりました。 檜皮を剥離し、むき出しとなった下地は、やはりかなり傷んでいましたが、所々に寛永期の材木が使われているということで、傷みの激しい箇所は新材で修理して、古い材木はそのまま利用しながらの修繕となりました。 また、古文書には文化2年【1805】に社殿が倒壊した際、正面八間、奥行き三間の社殿を元の通り再建することが困難なため、正面四間、奥行き一間半の現在の規模の本殿に改修されたことが見られるが、今回下地が露見したことにより、梁や桁などの施工を見ると社殿の規模を半分に縮小した痕跡がうかがえるとのことでした。 今回、銅板で葺き替えられた本殿は、ピカピカと光り輝いて檜皮葺の頃のような落ち着き?はありませんが、銅板は年を重ねるごとに緑青に変化をしていきますので、また違った趣が見受けられて楽しみでもあります。

さらに表示する